【2019年最新】moonstar(ムーンスター)ってめちゃくちゃ凄いんだぜ!!

ファッションネタ

こんちゃ。crossclubです。

最近は、ナイキ・アディダス・コンバース・プーマ・アシックス・ヴァンズなど色々

スニーカーが出そろっている中でもムーンスターという靴がthe・日本人の為の靴って感じでシンプルでかつ健康も考えたお勧めしたいブランドなので紹介します。

そこで、moonstar(ムーンスター)について少し紹介します。

スポンサードリンク

moonstar(ムーンスター)とは?

moonstar(ムーンスター)とは、

「MADE IN KURUME」スニーカー(福岡県久留米市製)で靴を作り続けている会社になります。

シンプルで高品質な「久留米工場製高品質スニーカー」としてNHKを始めTVでもたびたび紹介されています。

ぼく個人も一足持っており、とても履きやすくかつシンプルで色々な服装に合わせられて最高です。笑

めちゃ凄いところとして、

日本で初めてミシンを足袋製造に導入し

1922年にゴム底地下足袋の商品化、

1958年南極観測隊ブーツの製造など、

創業当時から新しい試みに積極的に取り組む社風である。

それに、 久留米市内では、アサヒシューズ、ブリヂストンと並んで「ゴム三社」と称されいます。

更に今、コチラから会員登録されますと期間限定で500ポイント配布されるキャンペーンを行っています。

更に、ムーンスターの特徴は、

特徴1:縫製技術

平面的な布から立体的な足に合う靴を作るために、長い歴史の中で研究されてきたパターンと熟練の縫製技術が活かされています。

表地と裏地の貼り合せにゴム糊を使うことで人の足に合った美しいシルエットを保つことが出来ます。

特徴2:足型にフィットするロール底

足型にフィットするロール底※1を使用することで足を包み込むような履き心地となっており、

また、使用する場所によってゴムの配合を変えることでそれぞれ耐久性やクッション性、剥がれにくさを可能にしています。

特徴3:アッパー材、シューレース全て国産材

アッパー材、シューレース全て国産材を使用し、

久留米産であることに自信と誇りを込めて中敷には”MADE IN KURUME”と記載しています。

特徴4:バルガナイズ製法(加硫製法)

生ゴムに硫黄を加え、熱反応させることで弾性や強度のあるゴムに変化させる化学反応を利用した靴の製法の一つ。

加硫製法ともいいます。

底とアッパーの結合が強く丈夫で壊れにくい、

接着と成型を同時に行うため形くずれしにくい等のメリットがある反面、

人の手がかかり過ぎるため、生産性が低く、

現在、国内でのこの製法ができる工場は少なくなってきています。

オススメの靴は??

1.ムーンスター FINE VULCANIZED MUDGUARD MADE IN KURUME

ムーンスター FINE VULCANIZED MUDGUARD MADE IN KURUME

2. ANTARC 国産防寒ブーツ MADE IN KURUME

ANTARC 国産防寒ブーツ MADE IN KURUME

3. JIKATABI

JIKATABI

まとめ

いかがだったでしょうか??

ムーンスターは、履き心地・デザイン・希少価値含めあまり被らないしとても可愛いので是非お勧めです。

ありがとうございました!

コメント